毛穴 開き 治す

毛穴の開きを治す方法として皮膚科の病院での治療などの紹介や鼻や頬など部分別のケア方法など情報満載です!

タグ:治す

毛穴の開きを治すプチプラ(プチプライス)コスメのクレンジングについてまとめてみました。

【オルビス クレンジングリキッド】
価格:¥1,400 容量:150ml 送料:無料

5大ポイント、(1)メイク浮きが早い! (2)ヌルつかない! (3)すすぎが簡単! (4)お風呂で使える! (5)乾燥しない!敏感肌、乾燥肌にも刺激が少なく乾燥しない
うるおい成分30%以上、「オルビス×ムーミン」のコラボ・ムーミンボトル登場!

【無印良品 マイルドオイルクレンジング】
価格:¥780 容量:200ml

天然うるおい成分として「桃の葉エキス」と「アンズ果汁」を配合、「ホホバオイル」と「オリーブオイル」の配合でサラサラした使い心地とポイントメイクにも素早くなじんでメイクもしっかりと落とす、アルコールフリーで無着色・無香料・無鉱物油

【パラドゥ スキンケアクレンジング】
価格:¥1260 容量:120
オイル並みのクレンジング力で低刺激のミルク状メイク落とし、洗い上がりの肌をしっとりさせる美容成分が89%配合、メイク落としと肌の潤いキープの両立を実現!


【カウブランド 無添加メイク落としミルク】
価格:¥924 容量:150ml
皮膚アレルギーテスト済み!無添加の優しい処方で敏感肌や乾燥肌にアトピーなどお肌の弱い方に特におすすめ、濡れた手や顔にも使えるので入浴中にスッキリ落とせます。


ブログネタ
美肌になるスキンケア方法 に参加中!
毛穴の開きを治す方法の中でも、頬の毛穴を気にされている方も以外に多いようですね。

クレーターのようなポツポツになってしまうと、なかなかキレイな肌に戻すのは大変です。

頬の毛穴の開きの主な原因は「角栓」の詰まりによるものです。

よく「角栓は取ってはいけない!」との内容を美容関係の本や雑誌で見かける事がありますが、そのままにしていては、毛穴が小さくなることは無いので「取るべき!」なのです。

では、角栓をどのように取るか?ということですが、

自分でやる場合であれば、ピーリングやゴマージュ、クレイパックなどを利用する必要がありますが、それぞれ肌への負担も大きいので、使用頻度などには十分に注意が必要です。

そして、頬の角栓の除去を行ったら、毛穴の開きを治すためにアフターケアが大変重要で、これを怠ってしまうと返って悪化させてしまうことに繋がります。

アフターケアで最も重要なのが「毛穴の引き締め」です。

冷水で冷やすのもいいのですが、出来れば化粧水を冷蔵庫で冷やしておいて、コットンに染み込ませて頬をパックするのが良いでしょう。

そのあとは、乳液や保湿クリームなどで、しっかりと保湿することが大切です。

ブログネタ
☆;:*:;☆ 美容・健康・美容商品☆;:*:;☆ に参加中!
毛穴の開きを治す特に鼻についての方法を調べてみました。

毛穴の開きの原因は毛穴に詰まってしまった角栓ですが、これが酸化してしまって黒ずみになってしまったりします。

また、そのまま長らく放置してしまうと毛穴の開きが癖付けされてしまって、いわゆる「いちご鼻」と言われるような鼻になってしまいます。

まずは、角栓をピーリングや毛穴パックなどを利用してキレイに取り除き、その後は冷水やビタミンC誘導体を含んだ化粧水などで毛穴の引き締めを行います。

その後、乳液や保湿クリームなどを利用して保湿を行いましょう。

大まかにはこのように「角栓の除去」→「毛穴の引き締め」→「毛穴の保湿」という手順で良いのですが、各手順で利用する毛穴ケア商品の選択が結構重要です。

やはり、個人差がありますので人気が高くて良いと言われている商品であっても、合わない方は少なからずいらっしゃると思います。

そこで、トライアルセットをうまく利用して自分に合った、鼻の毛穴ケアセットを見つけ出して欲しいと思います。

毛穴の開きを治すのに効果的な食べ物や栄養素についてまとめてみました。

毛穴の開きの主な原因としては、古い角質と皮脂が詰まって目立つくらいの角栓になってしまっているということでしょうね。

ですので、古い角質層を溜まりにくくするために肌のターンオーバー(新陳代謝)を促すのと、皮脂の過剰な分泌を抑えるような食べ物を摂取する必要があります。

まず、皮脂の過剰分泌を抑えるには、脂分の多い食事を控えた方が良いでしょう。

唐揚げやフライドポテト、スナック菓子など、油で上げた物などはやはり脂分も多いと思いますし、特にこれらを間食などで食べるのは控えた方が良いですね。

また、アルコールの摂取は皮脂の分泌を促す効果があるようですので注意が必要なのと、一緒に食べるおつまみや肴(アテ)なんかは脂っこいものになりがちなので注意しましょう。

次に、肌のターンオーバーを促すには、ビタミンAとビタミンB2の摂取が有効のようです。

ビタミンAは、うなぎ、鶏と豚のレバー、にんじん、春菊、モロヘイヤなどに多く含まれていて、脂溶性ビタミンなので加熱に強く、炒め物なんかにすると摂取し易いようです。

ビタミンB2を多く含むのは、大豆、卵、レバー、乳製品、葉菜類などで、水溶性ビタミンなので洗いすぎや、調理した煮汁は利用するようにしましょう。

これらのことに注意しながら、食事するように心がけましょう。

毛穴の開きを治す方法というのは、男性か女性かというところよりも、その原因がどのようなものであるか?というのが重要になりますね。

また、治す方法を知る前に自分の毛穴が開く原因となったものは何なのか?ということを知る必要がありますし、原因にはどのようなものがあるかというのも把握しておく必要がありますね。

毛穴が開く原因ですが、皆さんも幾つかは思い当たる節が幾つかあると思います。

それでは、早速ですがその原因について見て行きたいと思います。

まずは「乾燥」が原因で毛穴が開いてしまうようで、乾燥すると流れるように広がってしまい、ご自身の顔を鏡で見たときにビックリされた経験のある方も多いんじゃないでしょうか?

この乾燥に対しては正しい洗顔と保湿を行うことで症状は改善できます。

まずは、毛穴を清潔にするために洗顔を行って、市販の保湿クリームなどで潤いを与えて上げれば、しばらくすると乾燥は改善できるでしょう。

もう1つの原因としては「肌のたるみ」です。

これは、やはり年齢にも関係してくることなのですが、肌がたるんでくることで同じように、毛穴もダルンと開いてしまうようですね。

年齢的に多少は仕方のない部分はあると思いますが、肌の張りを意識して地道にスキンケアに務める必要があるようです。

毛穴の開きを治すには、その土台となって支えている素肌の状態を整えるというのが重要なのです。

このページのトップヘ